心が喜ぶ働き方をしよう!

働く人にとって、仕事は生活の大部分。

仕事が好きでも嫌いでも、仕事をしたくてもしたくなくても、とにかく働くしかないという人がほとんどです。

 

でも、立ち止まって少し考えてみませんか?

 

自分はどうしてここで働いているのだろう?

働くってどういうことだろう?

 

いろいろな視点から、いろいろと考えてみれば、今の働き方がすべてじゃない、とわかります。

 

自分が快適でいられる働き方を自分で探してみましょう。

まずは、この一冊をヒントに!

 

(2017年9月30日発売 / A4判 / 40頁 / 600円〈税別〉)

ご購入はこちら

 

CONTENTS

Interview

  • 会社員から農家へ転身、働くすべては「幸せな人生」のため/西田栄喜さん(菜園生活 風来)
  • サラリーマンはどこから来て、どこへ行くのか/濱口桂一郎さん(労働研究者)
  • 起業はあり? なし?/菊池保人さん(『アントレ』編集長)
  • 私たちは、「なぜ生きるのか」「なぜ働くのか」と問い続けなければいけない/泉谷閑示さん(精神科医)
  • ずるく、楽しく、したたかに! 不安定社会の住人たち ~タンザニア路上商人の世渡り術に学ぶ~/小川さやかさん(文化人類学者)

ほか