女性の「家事と仕事の二重負担」を家庭だけの問題にしたくないわけ

「家のことも仕事もあって手いっぱいなのに夫が全く協力してくれない」という妻、「家庭のこともやりたいけれど、仕事だけで精一杯」という夫……。最近、こんなようなことで悩んでいる人がとても多いです。

 

男性に育児休暇をたっぷりくれたり、家の用事を優先していいよという理解ある企業はまだまだ少ないうえ、「他の男性と同じ時間働いていないと出世コースから外される、給料減らされるかもしれない」というリスクや不安もあります。そうすると、だいたいの家庭は経済優先になってしまうので、男性はがっつり仕事、女性側は働きたくても仕方なく家事を優先し、仕事と両方でいっぱいいっぱいになる…という図式。

 

結局、依然変わらないと思うのは、「男は大黒柱をやれ」「女は家事と子育てしろ」という性別役割の基本形。家庭内でここをチェンジしていきたくても、雇用条件や賃金は圧倒的に男性に有利、家事や子育てのサービスは女性を前提にしたもの、という感じでは、なかなかにやりづらい。

男性がイクメンしたくても、女性が仕事で活躍したくてもどうにも中途半端でフラストレーションがたまります。加えて男性は、仕事で評価されることが存在意義であるとか、稼げないと存在を否定される風潮もまだまだあるのでつらいです。

 

単純に家庭内役割の平等を考えると、夫が妻に「家事と育児の半分は自分がやるよ」と言うとしたら、妻も夫に「この家の家計は半分は自分が持つよ」と言えなければならない。それくらい家庭内役割に幅をもたせるのであれば、賃金や労働条件の男女格差をなくしたり、家事や育児を女性だけのものと考えるサービスを変えていかないといけない。

 

最近は非正規や時短の求人も増えていますが、この手の仕事だと明らかに主婦をターゲットにしている紹介会社もあります。「限定正社員」も、明言はしないものの女性に向けた制度であると考える人もいます。企業がこういうスタンスだと、労働力人口は増えても、結局のところ性別役割はあまり変わって行かない。

 

適性や志向によって、半々で家事仕事をしたり、専業主婦や専業主夫をしたり…。男女とも、家事や仕事のやり方をもっと自由に選んでいける方がこれからの時代ハッピーだと思うのですが。うまくいかない役割分担を家庭内の問題としてしまうのではなく、社会や企業にも真剣に考えてほしいです。

 

 

 

 

 

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 税抜価格